交通事故治療

サイトマップ

交通事故による痛みの原因とは

レントゲン

交通事故による痛みは長引くもので、ひどい人では何十年も痛みに耐えているといった方も少なくはありません。なぜ、交通事故による後遺症は発症するのか、そのメカニズムを理解していないと、より良い治療は見込めないのです。
交通事故による後遺症が発症する場所は頭や肩、更には腰などが多いと思います。交通事故に遇ったとき、車を運転していた場合は肩などに痛みが出ることが多いのですが、なぜレントゲンでは異常なしと診断されるのに痛みが続くのか、それは事故によって強い負荷が身体にかかってしまうからです。
事故を起こしたときの状況を思い起こすのは辛いかと思いますが、その時の状況を思い起こすと、どれだけ身体に負荷がかかったのか理解できると思います。車同士の事故の場合、出していたスピードにもよりますが、何百キロもの車体がぶつかり、中にいた方は身体がムチを打つようにうねりをあげた感覚に陥ったと思います。実は、これが交通事故による痛みとなるむちうち症の原因なのです。
事故によって身体はムチ状態となり、強い負荷が全身にかかった状態にいます。つまり、筋肉が緊張状態であるということです。これを改善するためには痛み止ではなく、身体を解し、緊張状態を解いてあげる必要性があるのです。そこで有効なのは整体や鍼灸といった治療方法です。交通事故の治療には筋肉の緊張を和らげることに着目すると、完治に近づけます。

TOP