交通事故治療

サイトマップ

突然の事故に適切に対応する

車椅子

交通事故の遭った時に必要なことは、治療について落ち着いて対応することです。長期的な治療が必要になることもあり、自覚症状がないこともあります。ついつい、事故にあった瞬間はパニックになり痛みや違和感に敏感になれず、時間の経過と共にじわじわと症状が出始めますので、油断はできません。
事故当日のうちに病院で診断を受けておくことは、後々に症状が出た時にも治療代などの経済的な負担も保険でカバーする時に優位に働きます。事故の大小にかかわらず、一旦病院に行くことを念頭においておきましょう。
私自身が交通事故に遭った時には、あまりの突然の事故で気が動転してしまい、自分の身体の違和感を感じ取ることができませんでした。外傷は無かったので、自身の身体についても軽く考えていましたが、数時間後には首の根本部分が痛くなり病院へ行きました。むち打ちと診断されて、その後は半年間の通院を余儀なくされました。通院開始時点では痛みがひどく、仕事も休みがちになり収入を心配しましたが、保険でしっかりとカバーされました。
収入の他、通院にかかる費用や治療費も補償されていたので、その点は心理的な負担がなく、治療に専念できたことは良かったです。誰にも起こり得る事故と捉え、適切な対応を身に付けておくことが大切です。

TOP